越路建設株式会社 採用サイト 越路建設株式会社 採用サイト

ハウスコンシェルジュ島田 峰志

地元の長岡で住宅の仕事をしたい

昔からモノをつくることが好きだったので、高校卒業後、長岡造形大に進学し、建築の勉強をしていました。本当は住宅の仕事につきたかったのですが、自分が卒業した当時、就職氷河期で住宅の募集がほとんどなかったんです。それで卒業後、県内の総合建設業の会社に就職し、現場監督として働いていたのですが、かなり労働時間が長く、きつかったのと、一人暮らしで栄養が偏っていたのでしょうか、体調を崩してしまいました。一度、地元の長岡に戻って、これからの自分の生活を見直そうと思いました。そしてできれば、家づくりの仕事に携わりたいとも考えていました。そして長岡に戻り、地元に特化して住宅事業に取り組んでいる会社を探していたところ、越路建設が偶然、募集をしていることを知り、応募しました。

実際、面接で会社を訪れると、社内の雰囲気が明るいというか、スタッフのみんなの人柄の良さが伝わってきました。そして実際の面接では、社長自ら面接をして下さって、終始すごくいい雰囲気でコミュニケーションを取らせていただきました。そして無事、内定をいただき、入社させていただくこととなりました。

営業未経験で入社してもすぐに馴染めた

実際入社してみると、面接時に感じた自分の印象通りの会社で、すぐに社内に溶け込めました。越路建設では定期的に見学会を開催していますが、その準備も年齢の若い人がやるのではなく、全員で準備と後片付けをやるのです。そして見学会が終わったら皆でご飯を食べに行くのです。何というか、チームで仕事をしているというか、チームワークが良いというか・・・。仕事をしていて、とても楽しいです。住宅の営業は未経験で入社をさせていただいたのですが、いろんな先輩に同行や同席をさせていただいたり、日々の仕事を通じて自然に覚えていけたというか、とにかく実践しながら仕事を覚えていきました。先輩それぞれ、個性豊かで、皆さん良いところをお持ちなので、それぞれの先輩の良いところを真似させてもらって、自分のスタイルができあがっていったかなと思います。後、会社でいろんなイベントを企画してくれたり、モデルハウスもあったりするので、たくさんのお客様と接する中で多くの経験が可能でした。

営業の醍醐味

営業の仕事を通じての最大のやりがいは、やはりお引渡し時にお客様ご家族に喜んでいただいた時ですね。もうこれは、営業をやった人でないと分からないと思います。もちろん、この世で最も高額なものを扱うので、責任の大きな仕事ですし、ローンのこと、建築法規のこと、土地に関することなど覚えることも多々、ありますが、だからこそ成長できるような気がしています。お客様と出会ってからご契約、工事がはじまってからお引渡しまで、いろんなことが合ったりするケースもありますが、お引渡しの時の「ありがとう」の一言で、本当に自分の心が満たされます。お客様から「ありがとう」という言葉をいただける仕事は、あまりないと思いますが、住宅の営業はそれがあるので、とてもやりがいを感じます。

越路建設を社内から見ると...

越路建設を一言でいうと、やはり和気あいあいというか、社内が明るくて社員同士仲が良い、ということです。起きている時間の大半を職場で過ごす方がほとんどだと思うのですが、働く上でやはり人間関係はとても重要だと思います。その点、越路建設は自部署だけでなく、他部署もフォローをしっかりとしてくれるので、未経験の人でも働きやすい会社だと思います。後、やはり地元に特化した家づくりをしているので、とにかく入居後のお客様のこともしっかりと考えている会社だと思います。アフターメンテナンスも万全ですし、リフォームの部門も整っていますので、お引渡し後も安心ですよ、とお客様に自信を持って言えるのは大きいですね。